研修・教育制度

研修期間は入社後の2〜3ヶ月間。損害保険の基礎知識から電話対応のオペレーションスキルまで、未経験の方に合わせて充実した研修プログラムを用意しています。

ベテラントレーナーが一人ひとりの成長に合わせて指導し、段階に応じてステップアップする仕組みになっています。サポート体制も万全で、分からないことや不安に感じることはその場で確認できるので、安心して研修を受けられます。

研修の流れ

  • 損害保険についての知識習得
  • PC操作
  • トークスキル研修

約2週間

節目節目に確認テストをおこないますので、ご自身の習得状況も確認できますよ

様々な事故パターンでの ロールプレイング

約1ヶ月間

実際にお客さまからの電話を受信
隣で講師(トレーナー)が一緒に聞いてくれているので大丈夫!!

約1ヶ月間

研修終了!

オペレータとしてデビュー (もちろんスーパーバイザーや先輩オペレータが助けてくれます)

※スーパーバイザー
電話受付業務において、オペレータの業務管理、指導、対応困難事案の電話交代、勤怠管理などを行う管理者のこと。

デビューした後も・・・

様々な研修で、更なるスキルアップをサポートします。
また、定期的に電話応対の品質評価を行いますので、問題点を着実に克服し成長していけます。

【QA(Quality Assurance:品質管理)】について

事故にあわれたお客さまに安心・満足していただくためには、事故受付のプロとしての業務知識や事務能力はもちろん、高いホスピタリティやトークマナーが必要不可欠です。

当社には「品質管理(QA)」の担当者がいます。
品質管理(QA)担当者は、オペレータの電話応対をモニタリングし、その結果をオペレータにフィードバックします。よいところは伸ばし、課題点もオペレータと共有しながら改善のための取組み方法を指導します。定期的、継続的にモニタリングとフィードバックを行うことでオペレータの応対スキル向上を促し、安心ステーション全体の応対品質向上、均質化を図っています。